もう迷わない!整理整頓で残す写真を選ぶヒント


家族の写真は残す優先度が高め

多くの写真を撮影してきてコレクションを豊富に持つなら、いずれ写真の保管が問題となります。そこで定期的に撮影した写真を整理して、大切なものだけ残す心掛けが必要です。そこでできれば残したい写真の選び方として、まずは家族を撮影した写真に注目してみましょう。家族との思い出は大切でかけがえのないものであるため、残す優先度は高いですね。子供たちの成長の記録を残しておくと、後で見返すことができて良い思い出になります。

後の資料として役立つ写真は高い価値あり

整理整頓のため残す写真を選ばなければならないとすれば、後で資料として役立つ写真を優先的に選ぶと上手くいきます。例えば街の風景を写した写真は、街の移り変わりを知るための資料として価値を持つでしょう。時代と共に変わりゆく街の変化を知るのに、趣味で撮影した写真でも後で有効な資料になってくれますね。その他にも、残しておくと後でなにかと使い物になるような資料的意味合いを持つ写真は、廃棄せずに残したほうがいいですね。

良く映った写真を残す選定眼が必要

写真を整理整頓して残すものを選ぶ時、できれば良く撮れている者を優先的に残しましょう。撮影に失敗したものを残すよりは、残す価値ある作品としての質の高い写真の方が残すには向いています。そこで写真の良し悪しを見分けるスキルは身につけておいた方が、写真のコレクションの整理整頓の際には有利です。普段から良い写真だけを残すよう心掛け、数多くの写真を選別しているうちに、次第に写真の選定眼が養われていくでしょう。

旅行や結婚式、子どもの成長記録などの大切な思い出は、デジカメやスマホで撮りっぱなしにせず、フォトブックにするのがオススメです。写真やレイアウトを決めるのも、オンラインで簡単にできます。